高速なのに月額1000円以下で使えるレンタルサーバーとは?

WordPressで使える!安くておすすめのレンタルサーバーを徹底解説

サーバーを借りる
スポンサーリンク

WordPressでブログを作成するならレンタルサーバーが必須です。

レンタルサーバーを契約するうえで、重要なポイントは「安さ」ですよね。

今回は「安さ」をポイントにレンタルサーバーを解説していきます。

スポンサーリンク

レンタルサーバーとは

例えばブログを作るとしてブログ=家とすると、

レンタルサーバーは土地といえるでしょう。

土地が無ければ家を建てることができません。

レンタルサーバーとはブログなどのwebページ(家)を作るうえで、

必要なサービスです。

少し専門的に言えば、ユーザーが求めた情報を判断して提供してくれる装置です。

サーバーが無ければ例えURLをクリックしても、情報は提供されません。

利用料金が安いレンタルサーバーは?

評判の良いレンタルサーバーの中でも利用料金が安いものは以下の通りです。

  • お名前.com
  • ConoHaWING
  • エックスサーバー
  • mixhost
  • ロリポップ

基本的に長期間レンタルすれば月額あたりの利用料金は安くなります。

また相場としてはおおよそ月額1,000円程度が多い印象。

今回は比較しやすいように以下の条件で調査しています。

  • 最も安いプラン
  • 1年間契約をした場合の料金
  • 初回登録

お名前.com

お名前.comは1999年のサービス開始以来、

登録実績2,700万件を突破している国内シェアNo.1のドメイン登録サービスです。

またお名前.comはレンタルサーバーのサービス提供も行っており、

ドメイン取得と一括で契約すると管理が便利というメリットがあります。

お名前.comのサーバー代

お名前.comのRSプランは初回料金と2回目以降の契約料金が異なります。

初回料金の方が安く、1年契約で11,858円(税込)なので、

月々約988円ほどの費用がかかります。

お名前.comではドメイン料金は同時に契約すれば無料なので、

RSプランとのトータルで考えればお得といえるでしょう。

より詳細な情報が必要であればお名前.comの公式の料金ページが参考になります。

ConoHaWING

ConoHa WINGとは、

GMOインターネット株式会社が提供しているレンタルサーバーサービスです。

2021年11月時点で総アカウント数が39万を超え、

シェアを伸ばし続けている大人気のレンタルサーバーです。

ConoHaWINGは当ブログでも利用しているレンタルサーバーで、

メリットや特徴を解説しているので気になる方は参考にしてみてください。

【ConoHaWING】ブログ開設前に絶対知っておきたいポイント3選

【知らないと損】ConoHaWINGのメリットを徹底解説

【10分で完了】ConoHaWINGの登録方法を徹底解説

ConoHaWINGの電話・チャット・メールのサポートを徹底解説!

ConoHaWINGへ問い合わせをする方法【電話・チャット】

ConoHaWINGのサーバー代

料金は12カ月契約でこちらの画像の通りです。

月額で考えれば最低金額が931円/月なので、

負担が少なく気軽にブログなどを始めることができる料金になっています。

キャンペーン中は利用料金が安くなっているので、

利用開始のおすすめのタイミングです。

またキャンペーン中は独自ドメインを無料で取得できる場合があるので、

チェックしてみてください。

エックスサーバー

エックスサーバーは導入企業14万社、運用サイト220万件を誇る人気のレンタルサーバーです。

エックスサーバーの強みは以下の3つ。

  • 超高速で大量アクセスに強い
  • 自動バックアップ機能や、引っ越し機能など便利な機能が盛りだくさん
  • 24時間365日のサポート体制

エックスサーバーの利用料金

エックスサーバーには「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3つのプランがあります。

最も安いプランのスタンダードは12カ月で月額1,100円です。

プランごとの仕様の違いは公式ページに記載されていますが、

3つのプランで唯一異なる点が「ディスクスペース」です。

ディスクスペースとはwebサイトやメールを保管することができるスペースのことです。

webサイトやメールの規模に応じて、

相応のサイズのスペースを確保する必要があります。

スタンダードプランでは300GBほどディスクスペースがあるので、

1000ページ以上のウェブサイトでも対応できると考えてよいでしょう。

新たにブログなどを作成するのであれば、

スタンダードでも問題なく利用できます。

mixhost

mixhostは「表示速度No.1」「アクセス処理速度No.1」「アフィリエイター&ブロガー満足度No.1」を獲得したレンタルサーバーです。

※日本マーケティング機構調べ-2019年7月

有名ブロガーのマナブさんが運営しているmanablogでも利用されています。

mixhostのサーバー代

mixhostの料金プランは5つありますが、

最も安いスタンダードプランの12カ月契約で月額1,078円です。

mixhostはプランが非常に多いので、

サイトの規模に応じて適切なものを選択していきましょう。

ロリポップ

ロリポップは低価格で始めやすいレンタルサーバーです。

幅広いプラン選択ができるので、利用内容に応じて適切なサービスを選ぶことができます。

ちなみにN高等学校の公式ページでも利用されているので、

ページの表示速度など体験したい方は参考にしてみてください。

ロリポップのサーバー代

ロリポップの最安プランは「エコノミー」です。

12カ月で月々132円なので、別格の安さですね。

ただし注意点として、ディスクスペースが30GBしか無く、

今後ブログを長期的に続けるのであれば、

「スタンダード」プランで利用可能な250GBは必要です。

最初お試しでブログを開設して、

継続できればプラン変更や引っ越しを検討するスタイルの利用であれば「エコノミー」プランはおすすめです。

重要なのは「安さ」だけではない

各レンタルサーバーを解説してきましたが、

レンタルサーバー選びで重要なのは「安さ」だけではありません。

ディスクスペースやページの表示速度などは必ず確認しておきましょう。

また「安さ」を重視するのであれば、長期利用や引っ越し前提での利用など、

様々な観点で目的に合ったプランを選択しましょう。

ドメイン取得料金も確認しよう

またレンタルサーバーの契約の他に、ドメイン取得も必要です。

ドメイン取得とは「web上の住所を得る」という意味合いで、

自分のwebページの場所を示すのに必要です。

レンタルサーバーの契約とセットで覚えておきましょう。

WordPressで必要なレンタルサーバー-まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事で紹介した安いレンタルサーバーは以下の通りです。

(1年契約・最安プラン・初回登録の場合)

  • ロリポップサーバー 月額132円
  • ConoHaWING 月額931円
  • お名前.com 月額約988円
  • mixhost 月額1,078円
  • エックスサーバー 月額1,100円

参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました